読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EPA DHAサプリの酸化とその効果効能は?

EPADHAサプリの酸化について、そして一般的に期待されている効果効能と、佐藤製薬のびけんちせん美健知箋を使って個人的に実感してる事の口コミをまとめています。びけんちせんが、EPADHAの天敵!?酸化に対して徹底した対策を取ったサプリメント、と思っています。

EPAとDHAの違い、その効能効果の点から

EPAとDHAの違いは?

EPAもDHAも青魚にたくさん含まれる成分でオメガ3系の脂肪酸です。

ともに血中の中性脂肪コレステロールを低下させる働きを持っており中年メタボ黄昏男の僕はこの点に注目しました。

それでも、この点で両者の違いを書きますと、中性脂肪に対してはEPAの方が、コレステロールにはDHAの方が効果が高い、との事です。

DHAだけの特筆すべき特長

DHAは脳の働きに欠かせない成分であり、脳の構成成分の1つであるといわれています。

EPAが通過できない脳の血液脳関門をDHAなら通過できるとされ、脳や網膜にはDHAがしっかし存在しています。

この点から、DHAは脳の活性化や痴呆症に対する効果が云われています。

又、ガンの再発・増殖抑制効果、抗炎症への効果なども注目されています。

EPAだけの特筆すべき特長

動脈硬化予防として血小板凝集抑制効果(血栓を防ぐ)に優れているという店があげられます。

この効果はDHAよりも高い、とされています。

中性脂肪コレステロールを下げる効果にも関連して、EPA&DHAの健康食品やサプリには「血液サラサラ・・・」等の表現をよく見かけます。

又EPAは高血圧の改善においても期待されています。

医薬品として使用されているのもEPAの方が多いです。


EPA&DHAの一日の推奨摂取量は1000mgとされています。

僕が使っているユンケルの佐藤製薬のEPA&DHAサプリ「美健知箋 びけんちせん」は一日分のサプリの中に750mg含まれいて、他社サプリと比較しても多い、とされています。

EPADHAは酸化しやすい、という弱点があります。

魚の足が早い、という点からも想像できる部分ですね。

そこでビタミンEなど抗酸化作用を持つビタミンと一緒に摂取するように・・・と一般的なDHAサプリには書いてあったりしますが、

「美健知箋 びけんちせん」は酸化防止の為にビタミンEが配合れているEPA&DHAサプリです。

これらの事が理由で中年脂肪タンクマン、コレステロールマンの僕はこのサプリメントを使い出したのですが、

10日目ぐらいから、個人的に効果が実感できるようになりました。

EPAとDHAに期待される効果効能の違いをまとめてみましたが、

どちらにも共通して期待される効果・・・中性脂肪を下げるサプリ、コレステロールを下げるサプリとして、

「美健知箋 びけんちせん」には個人的に大変満足しています。



>>美健知箋EPA&DHA体験口コミはこちら

EPA&DHAサプリ効果効能は中年黄昏男にはどう?

EPA DHAサプリの酸化とその効果効能は?